地域 店名 解説
世田谷区奥沢 エムコイデ 小さな店で品数も少ないが、独特な高級感と品の良さでスイーツ好きの人気を集めているテイクアウトのみのパティスリー。見た目も味も申し分なく、値段はほとんど500円以下ということから、毎日売り切れ必至。
目黒区自由が丘 モンサンクレール 自由が丘、というより日本を代表するパティスリーのひとつ。休日には辻口博啓シェフのファンが全国から集う。イートインスペースもあるが、混雑を避けるならなるべく予約を。
目黒区自由が丘 パティスリー・パリ セヴェイユ モンサンクレールと並び称せられるスイーツの名店。店名は“パリの目覚め”の意。パリの街角にありそうなお洒落な外装なので、初めての来訪でもひと目でわかる。イートインスペースもあり、パンも美味。
目黒区自由が丘 マックス 手作りのパイで有名な老舗喫茶。シンプルなアップルパイはコーヒーとのセットで1,100円。運が良ければ焼きたてのアツアツが食べられるが、予約すれば確実。帆立クリームパイ、グラタンといった食事メニューも。
世田谷区玉川 PATE屋 住宅街にひっそりと佇む珍しいパテの専門店。商品はレバーパテ、ポークリエット、クリームチーズペースト、牡蠣とホウレン草のペースト、イカ墨ソース、野菜のマリネ、酢漬けなど豊富。隣には「エンガワ」というカフェも。
世田谷区奥沢 自家焙煎 とがし喫茶室 奥沢界隈で美味しいコーヒーを飲むならこちら。厳選された豆を丁寧にドリップした珠玉のコーヒーが、高級カップに入れて供される。今どきのコーヒーショップに比べれば値段は高いが、味や香りの違いがわかれば至福の時間に。
目黒区自由が丘 亀屋万年堂 自由が丘総本店 自由が丘がスイーツの街なんて言われる以前から駅前で「お菓子のホームラン王」という看板を掲げてきた老舗和菓子店。看板商品のナボナはもちろん、おはぎや大福といった王道の和菓子もさすがの味。
「自由ヶ丘グルメ」メニューページに戻る
ページトップへ戻る